お知らせ

お知らせ一覧へ

季節のご案内

お山開き

6月30日・7月1日の2日間、浅間神社例祭 『お山開き』 が斎行されます。1年間でこの2日間のみ、御神体であります下谷坂本富士が解放され、登拝が可能になります。
七夕飾りで彩られた境内に、山を登る子供の声が響き半年の納めと新たな半年の始まりを告げる当社のお山開き、ご家族でお運び頂ければ幸いです。

季節の動画一覧へ

今月の御朱印

  • 七夕×夏詣の限定御朱印
    7月1日~末日迄

  • お山開きの限定御朱印 [不尽]
    6月16日~末日迄

  • お山開きの限定御朱印 [不二]
    7月1日~15日迄

  • 月参りの限定御朱印 [文月]
    7月1日~限定数終了迄

小野照崎神社では、月参りのおしるしとして毎月月替わりの限定御朱印を授与しております。
御朱印は神社を参拝した正式な証であり、見返すことで自分自身の振り返りにもなるもの。前の月からの自身の変化や季節移ろいを感じつつ、心新たにお参りを頂ければ幸いです。

御朱印について

小野照崎神社について

東京の下町「入谷」に鎮座する小野照崎神社。
御祭神は、平安初期有数の歌人であり、漢詩は「日本の白楽天」を呼ばれるほどの天才、 当代きっての学者で、参議という国の要職も務めた 小野篁 公(おののたかむらこう )です。 852年(仁寿2年)、篁公が御東下の際に住まわれた上野は照崎の地に創建され、寛永寺の建立とともに現在の地に遷されました。江戸後期には、 学問の神様・菅原道真公 (すがわらのみちざねこう)も御配神として当社に遷され、境内にある末社を含めると、 15柱もの神様がお祀りされています。

御朱印・お守り・ご祈祷

授与品やご祈祷の詳細につきましては以下のリンクをご参照下さい。

お守り一覧へ 小野照崎神社の御朱印 お守り2.0特設ページへ

富士塚について

富士山から選ばれた溶岩で築き上げた
正常な「富士塚」です。

天明2年(1782)に築かれた富士塚「下谷坂本富士」。富士山に誰もが行けるわけではなかった時代、その霊験あらたかな姿を伝えるべく作られた直径は約15m、高さ約6mのミニチュアの富士山。一合目から順に十合目まで記されており、南無妙法と書かれた石碑や修験道の開祖である役小角の尊像も残る等、神仏習合の名残が見て取れます。今も先人の山守りの知恵によって当時の荘厳な姿を残しており、国の重要有形民俗文化財に指定されています。

毎年、夏越の大祓と富士山の開山に合わせた6月30日と7月1日の2日間に限り、一般の方々に開放されています。「不二(ふたつとない)」「不尽(つきることがない)」などがいわれとされる富士山。今もその霊験あらたかな神性を求め、多くの方々が富士塚に訪れます。

境内のみどころ

小野照崎神社のSNS

INSTAGRAM

    公式INSTAGRAMへ

    アクセス

    お越しの際は、東京メトロ日比谷線の入谷駅、もしくはJR山手線 鶯谷駅をご利用下さい。

    〒110-0004 東京都台東区下谷2丁目13-14
    TEL:03-3872-5514

    東京メトロ日比谷線 入谷駅:4番出口より徒歩3分
    JR山手線 鶯谷駅:南口より徒歩7分

    授与時間
    9時〜16時
    駐車場
    ご祈祷の方のみ境内に駐車可

    ※ご祈祷の方以外の駐車は固くお断りします。